【最新版】福岡でプチ整形が評判の美容外科ランキング
HOME » あなたが受けたいプチ整形はどれ? » くぼみ目を直したい

くぼみ目を直したい

くぼみ目で実年齢より老けて見える、やつれて見えてしまうと悩んでいる方は多いのではないでしょか?ここでは、くぼみ目の解消方法についてご紹介いたします。

くぼみ目の悩みについて

そもそもくぼみ目とは、目の周りの脂肪を支える筋肉がおちて脂肪が本来あるべきところから下へ落ちてできるものです。特に上まぶたはよく動いて人目にもつきやすいので、そこがくぼんでいると疲れていたり老けたという印象に見えやすくなります。 年齢を重ねるとこの現象は誰でも起こる可能性がありますが、やつれたように見えたり、実年齢より老けて見えるのでみなさん悩んでいるようです。また痩せていて脂肪がない人も、目がくぼんで同様の印象になることがあります。

くぼみ目の解消方法

くぼみ目を解消するには、注射でヒアルロン酸を注入する方法や、脂肪注入法、プレミアムPRP皮膚再生療法、肌再生FGF注入療法、眼瞼下垂修正術(埋没法)、眼瞼下垂修正(拳筋前転法)などさまざまな方法があるので、費用なども含め自分に合った 方法を選ぶことが大切です。

解消方法

全ては紹介しきれないので特に注射器を使った方法をご紹介します。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射はメスを一切使わずにくぼみを目立たなくできます。くぼんでいる部分にヒアルロン酸を注入してまぶたとの段差をなくすというものです。傷跡が残らず時間も10分程度で終わります。約1年間効果が持続します。また、ヒアルロン酸は異物ではないのでアレルギーや副作用が起こりません。ダウンタイムが少なく自然に仕上がるので人気です。

脂肪注入法

脂肪注入法は、余分に皮下脂肪がついている部位(二の腕など誰でももあります)を数ミリ切開して脂肪細胞を吸引し精製してから注射器に移して目の上のくぼんだ部分に注射します。自分の細胞を注入するため、副作用なども起こりにくくなじみます。生着した脂肪細胞の効果は永久的に保てます。

プレミアムPRP皮膚再生療法

次にプレミアムPRP皮膚再生療法は、自分の血液から採取して抽出した多血小板血漿を注入して皮膚の再生を図る方法です。切らずに済んで、自分の血液を使うので安心できる事から人気の治療法です。しわ、クマ、たるみにも効果があります。

デメリット・リスク

まず方法別にデメリットを挙げると、ヒアルロン酸注射は短時間で受けられる分効果も長く続かないということです。半年やもって1年で永久的には続きません。長く持たせるには定期的に注入する必要があるので費用もそれなりにかかります。 脂肪注入法は、注入した脂肪が体内に吸収されてしまうということです。もちろん全て吸収されるわけではありません。吸収されずに残ったものが生着することもあるので永久的に保つ場合は2度の注入をしなければいけないこともあります。また、脂肪を採取するので目元以外にも針後ができます。

PRP皮膚再生療法は、クリニックによって方法が違うので、持続時間、費用、治療効果が違います。だいたい1回の注射で持つ効果は約3年ですが、効果が感じられるまで2〜3ヶ月かかる場合もあります。 また、施術方法や医師の技量などで目の形が左右で大きく変わってしまった場合や、手術中に何度も注射を打ち直される場合もあります。また、切開をする治療に多いのが「目が開きすぎてしまう」というトラブルです。目は細かい血管が多く傷つきやすいデリケートなものです。最悪の場合失明も起こりうるというリスクや、こういったトラブルも視野に入れてしっかり考えましょう。

費用の相場

気になる費用は、1万円〜50万円前後と方法やクリニックによって変わってきます。ヒアルロン酸の注入は1万円〜できるクリニックもありますが10万円〜という所もあります。先ほど紹介したプレミアムPRPは20万円前後、拳筋前転法は半永久的に効果が続き同時に二重手術もできたり後戻りもない分、50万円前後とやや高めです。費用もクリニックによって違うのでいくつか見比べてみることをオススメします。

手軽にキレイをゲット!
人気のプチ整形メニューを徹底調査in福岡

イメージ画像
人気のプチ整形について、調べました。
福岡にあるクリニックの中から、特におすすめのクリニック情報も載せていますので、チェックしてくださいね。
 
【最新版】福岡でプチ整形が評判の美容外科ランキング