【最新版】福岡でプチ整形が評判の美容外科ランキング
HOME » あなたが受けたいプチ整形はどれ? » シミを消して肌を綺麗にしたい

シミを消して肌を綺麗にしたい

プチ整形では美肌治療といって、レーザーを利用してシミ・アザ・そばかす・色素沈着を目立たなくする施術方法があります。施術内容によって利用するレーザーや特徴が異なるため、病院を選ぶ前に備え付けられているレーザーの種類をチェックする必要があります。

そこで、レーザーによる施術方法の特徴やメリットについてご紹介します。

レーザーによる施術方法の種類

美肌治療の主な施術方法として、

  • レーザートーニング
  • シミ取りレーザー

が挙げられます。

一般的に、レーザー治療は施術時間を短く済ませることができ、表皮の奥に刺激を与えることで高い美肌効果を実現することができます。レーザーによるシミ取りでは診断が最も重要であり、疾患ごとに適切な治療を行う必要があります。レーザーの種類を比較してそれぞれのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

レーザートーニング

出力が弱いレーザー(QスイッチNd:YAGレーザー)を照射することで、顔のくすみや肝斑を治療することが可能です。他のレーザー治療と比較すると痛みが少ないだけでなく、コラーゲンの生成が促され、美容効果が期待できます。

肝斑とは、左右対称に生じることが多い淡いシミのことで、ストレスやホルモンバランスの乱れによって生じると言われています。患者は主に30代以上の女性が多いですが、20代で発症することもあります。肝斑に帯するレーザー治療は従来、色素増強や炎症後色素沈着といった副作用が生じることから禁忌とされ、内服薬・外服薬の服用や紫外線予防が利用されてきました。しかし、レーザートーニングであれば重大な副作用なく肝斑を治療することが可能です。

また、治療だけでなくシミの予防にもなり、皮膚の新陳代謝の停滞や血行不順を改善する効果があります。

参考:湘南鎌倉総合病院による学会報告「肌のアンチエイジングに対するレーザー治療」

シミ取りレーザー

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)、老人性色素斑、雀卵斑(そばかす)などの治療に用いられます。シミとは、肌に過剰に分泌されたメラニンの色素が肌に残っている状態です。通常であれば、生成されたメラニンは肌の新陳代謝によって一定の期間で垢となって排出されます。しかし、紫外線や摩擦などの外的要因、加齢やホルモンバランスなどの内的要因によって皮膚のサイクルが乱れると、メラニン色素が定着してシミができてしまいます。

シミ取りレーザー治療では、メラニンに吸収されやすいレーザーを照射することでメラニンを破壊し、シミを取り除くことになります。

ここでは、美肌治療で主に利用されている

  • Qスイッチルビーレーザー
  • Qスイッチアレキサンドライトレーザー

の特徴について解説いたします。

参考:日本機械学会での論文報告「顔角層細胞内メラニンの分析と定量的評価に関する研究」

Qスイッチルビーレーザー

日本では最も普及しているレーザーで、シミ、あざ、そばかす、ADMなどの除去が可能です。メラニンに対する吸収率が高く、褐色の色素沈着によく反応するため、メラニンが少ないうすいシミに対しても効果的です。施術時に若干の痛みが伴います。

Qスイッチアレキサンドライトレーザー

シミ、あざ、そばかす、ADMなどの除去が可能です。メラニンに対する吸収率は低いですが、組織深達度が深いため皮膚の奥へレーザーが届きやすくなります。レーザートーニングと同じくコラーゲンの活性化により、肌質の改善や小じわの減少と言った美顔効果が期待できます。 また、ルビーレーザーと同様に、施術時に若干の痛みが伴います。

ただし、QスイッチルビーレーザーとQスイッチアレキサンドライトレーザーは性能としての大きな違いはないため、病院や施術者のによっては、どちらかが好んで使われているケースも存在します。

参考:国際親善総合病院 による学会報告「皮膚科におけるレーザー応用の最新事情」

 
名前 メリット デメリット
レーザートーニング ・痛みが少ない
・肝斑の治療が可能
・美顔効果あり
完治までの施術期間・回数が長い
Qスイッチルビーレーザー うすいシミも治療可能 痛みが伴う
Qスイッチアレキサンドライトレーザー 美顔効果あり 痛みが伴う

手軽にキレイをゲット!
人気のプチ整形メニューを徹底調査in福岡

イメージ画像
人気のプチ整形について、調べました。
福岡にあるクリニックの中から、特におすすめのクリニック情報も載せていますので、チェックしてくださいね。
 
【最新版】福岡でプチ整形が評判の美容外科ランキング