【最新版】福岡でプチ整形が評判の美容外科ランキング
HOME » あなたが受けたいプチ整形はどれ? » 皮膚を傷つけずに肌を美しく保ちたい

皮膚を傷つけずに肌を美しく保ちたい

プチ整形の美肌治療には、レーザー治療・薬剤による治療・ヒアルロン酸やボトックス注射・その他の外科手術といったさまざまな方法があります。以前は即効性のある注射や外科手術が利用されてきましたが、技術の発達もあいまってリスクの少ないレーザー治療の人気が高まってきています。

ここでは、レーザーによる美肌治療の内容や種類について解説していきます。

美肌を阻害する要因

美肌治療を考えている人は主に、しみ・くすみ・そばかす、しわ・たるみ、きめ、アザ等の症状に悩まされています。

これらは同じ原因で引き起こされるものではないため、それぞれ適切な施術方針が異なります。それぞれの原因について確認してみましょう。

しみ・くすみ・そばかす

くすみとは、肌に透明感がなく明るさなどが感じられない状態のことです。

くすみが感じられる原因としては、肌表面の水分量が少ないことで光が乱反射してカサカサに見えることや、肌に反射する光が少ないことが挙げられます。光の反射にはメラニンの含有量が大きく影響しており、メラニンが多いほど光を多く吸収するため、肌が暗く、くすんで見えることになります。

また、メラニンは肌のターンオーバーによって生産と排出が繰り返されます。ところが、加齢やストレスなど様々な要因によってターンオーバーが乱れると、メラニンの生産が増加し、皮膚にメラニン色素が沈着し、しみができてしまいます。

さらに、先天的に紫外線に弱く、メラニン色素が沈着する症状をそばかすと呼びます。主に鼻や頬の周辺に発生し、ストレスなどの後天的な要因ではなく、遺伝に強く影響を受けます。

しみ・くすみ・そばかすはどれもメラニンの働きによって引き起こされているため、治療の際もメラニンに影響を与える施術が必要となります。

参考:
コーセー基盤技術研究所による報告「透明感のある美しい肌って?」
順天堂医学による講座「顔がシミだらけにならないようにするためのお話」
策京女子医科大学皮膚科教室による臨床実験の報告「雀卵i斑(そばかす)の処置について」

アザ

アザとは、通常は存在しない発色細胞が皮膚に存在していることです。先天性と後天性があり、代表的なものとして蒙古斑やホクロなどが先天性のアザに分類されます。

アザは発色細胞が含まれる位置によって名称や施術に用いる機器が異なります。真皮内の血管に発生したアザは赤アザと呼ばれ、対象となるヘモグロビンにダメージを与える施術が必要となります。

また、黒あざ・茶あざ・青あざではそれぞれ皮膚に含有されるメラニンを破壊する必要があります。

参考:策京女子医科大学整形外科による報告「あざのレーザー治療」

症状によるレーザーの選択

シミ・くすみ・そばかす・赤アザ以外のアザの施術は、メラニンに吸収されるレーザーを使用する必要があります。主な種類としては、Qスイッチルビーレーザー、Qスイッチヤグレーザーなどがあります。ルビーレーザーはよりメラニンへの吸収性が高く、薄いシミでも治療可能です。一方、ヤグレーザーは皮膚内部への深達度が深く、日焼けや肌が黒い人でも施術が可能です。アザは種類によって治療する皮膚の深さが異なるため、ヤグレーザー、ルビーレーザーなどを適切に使い分ける必要があります。

また、赤あざはターゲットとなる組織がメラニンではなくヘモグロビンなのでルビーレーザーなどを使用することができません。代わりに、ヘモグロビンへの吸収性に優れる色素レーザーを使用します。レーザーによる美肌治療では症状を正確に判断し、最適なレーザー機器を選択する必要があります。

手軽にキレイをゲット!
人気のプチ整形メニューを徹底調査in福岡

イメージ画像
人気のプチ整形について、調べました。
福岡にあるクリニックの中から、特におすすめのクリニック情報も載せていますので、チェックしてくださいね。
 
【最新版】福岡でプチ整形が評判の美容外科ランキング