【最新版】福岡でプチ整形が評判の美容外科ランキング
HOME » 費用は?失敗することもある?プチ整形を受ける前にチェックすること » 知っておきたいプチ整形のアフターケアとダウンタイム

知っておきたいプチ整形のアフターケアとダウンタイム

プチ整形とは?

プチ整形とは、レーザーでの治療や投薬による医療的措置のことを言います。正式名称は「美容医療」。レーザー治療や脱毛が普及してきたことから、気軽で身近な印象を持たれることが多くなりました。「プチ整形」という名称からもライトなイメージがありますが、これは「美容外科」に対する言葉として使われています。美容外科はメスを使った豊胸手術や、一重まぶたを二重まぶたにする手術は美容外科に含まれており、形成外科を基盤とする治療です。プチ整形の特徴として、メスを使わないことが挙げられます。メスを使用しないことで術後回復が良く、施術自体も短時間で終わる傾向にあるのです。プチ整形はしばしばエステや一般的な医療による治療と同じ意味合いで捉えられがちですが、エステとの違いは医者が行なうものかどうかにあります。エステでは医療資格を持たない者によって施術されるので、術後医薬品の処方も、医療用機材の導入もできません。例えばレーザー治療に使う機械の出力は、医療用とそれ以外では、前者が強い威力を持つとされています。よって、より高い効果を期待するにはプチ整形がおすすめです。また、一般的な治療とプチ整形の違いとは、要求する目的が異なることにあります。一般治療は身体の健康が目的であることに対し、プチ整形の最終目標は患者本人の「美しくなりたい」希望を叶えること。一般治療内容をプチ整形として施術を受けると、希望通りにならないことがあります。

 

アフターケアとは?

アフターケアとは、術中に生じた症状を緩和するため、日常生活に早く戻るために行なうケアのことです。プチ整形の施術内容によっては、術後に皮膚が腫れるなどの症状が現れることがあります。症状が現れるかどうかは施術内容や施術者の技術、患者の個人差にもよりますが、正しくプチ整形の効果を得るためには、必要なケアとなるでしょう。ケア内容は、腫れ症状を緩和するために患部を冷やす、安静にして激しい運動を避ける、顔以外の手足への施術の際は、心臓よりも高く挙げて血流を促すことが挙げられます。顔に施された手術では、就寝時に枕を高くすることもアフターケアのひとつです。患部を冷やすときは、氷やアイスノンを使用して軽く冷やすことを心掛けましょう。やりすぎると凍傷になる恐れがあるので注意です。このときプチ整形後の皮膚は大変デリケートになっているので、たとえ医薬品であっても、湿布などの刺激が強い薬を患部に塗るのは避けておきます。冷却ジェルシートも同じく患部に対しての刺激が強いものとされるので、使用しないことが推奨されています。アフターケアの効果を期待するためには、術後およそ3日間中のケアが重要と言われています。プチ整形はメスを使わないもので体の負担が少ないにしろ、整形のひとつではあります。よって福岡のプチ整形を扱うクリニックでは、一週間程度アフターケアを続けることを推奨しているところもあります。この術後の腫れを最大限食い止めるために、極細の注射針を使用する、腫れが出ないような薬品を局部麻酔に混ぜることを実践しているクリニックもあるようです。

 

ダウンタイムとは?

ダウンタイムとはプチ整形や美容整形の施術後に起こる時間のことを指します。施術内容によっては整形を施した箇所にむくみや腫れ、時には内出血が起こることがあるのです。場合によってはアフターケアを取り入れながら、身体を休ませることが施術後には大切となっています。ダウンタイムが生じる理由としては施術の際に使用した麻酔、施術内容、施術者の技術や患者の個人差にあります。ダウンタイムの間には日常生活が制限されることもあるので、施術を受けるときは通勤や通学に差支えがない時期を選ぶようにしましょう。また、プチ整形ではメスを使わない整形方法をとっていますが、メスを使用する美容整形となるとダウンタイムが長くなることがあります。一重まぶたを二重まぶたにする「切開法」でまぶたにメスを入れると、ダウンタイムはおよそ1週間~1ヵ月程度かかるようです。同じ二重まぶたにする整形でも「埋没法」ではおよそ1日~1週間と短くなる傾向にあります。プチ整形にある注射で行う注入系の治療も、ダウンタイムが短い整形方法です。クリニックの口コミでは、「施術後ダウンタイムはほとんどなかった」などの記述があります。先にもありましたように、施術後のダウンタイムは施術者の技術、つまり上手な医者かどうかによります。施術に使う麻酔の種類や量が適当であると、腫れやむくみも最小限にとどまるので、その後の回復が早くなることが期待できるようです。上手な手術を行なうクリニック選びに役立つかもしれないので、ぜひチェックしておきましょう。

 

アフターケア、ダウンタイム。少ないほうがいいの?

プチ整形の後でよくある疑問のひとつに、「いつから出勤や登校ができるのか?」といったものがあります。整形手術による腫れやむくみ、内出血は施術する場所によっては目立つので、日常生活が制限されることがあるからです。早く日常生活に戻るためには、ダウンタイムやアフターケアは少ない方がいいという人もいるかもしれません。そもそも、ダウンタイムを少なくするには、施術時に腫れやむくみ、内出血が出ないような工夫が必要となります。施術にメスを使わないプチ整形は、メスを使用する手術を行う美容整形と比べると、はるかにダウンタイム、アフターケアが少ない方法です。しかし、施術中は痛みを和らげる局部麻酔や、針を皮膚にさすこともあるでしょう。この際に内出血や腫れを完全に防ぐことは困難を極めます。ダウンタイム、アフターケアを少なくするには、施術に慣れていて技術の高い医者がいるクリニックを選ぶようにしましょう。不慣れな医者では施術中に無駄な動きが多く、施術時に生じる傷口が大きくなってしまうことがあります。また、施術後の腫れやむくみを抑えるために、患者本人ができることもあるのです。緊張して力むと血圧が上がり、腫れや内出血がひどくなり治るのにも時間を要します。施術中は余計な力を入れず、血流を良くし手術に協力するようにしましょう。

 

上手なダウンタイム、アフターケア中の過ごし方

生活に制限がかかってしまうダウンタイム、この時間を短くするために生活に工夫することもできます。施術後は、個人差もありますがだいたい3日~5日程度、腫れやむくみ、内出血のピークがあります。施術が終わった後、皮膚はとてもデリケートな状態です。この時に起こるダウンタイムの間は、できる限り安静にしておくことが必要となります。施術内容によっては、腫れやむくみ、内出血の他に注射痕など小さな傷がつく場合があります。汗をかく暑い季節では、汗や気温の高さによって傷口が化膿してしまう場合もあるので、激しい運動は避けておきます。同じ理由で、長時間の入浴やサウナ、大量に飲酒することも控えておくのがおすすめです。傷口の治癒には、末梢血管の血流を良くすることが効果的と言われています。喫煙する人は禁煙すると、傷口の早期治癒につながるようです。クリニックによっては、術後の1週間からできれば6ヵ月間程度の禁煙を推奨しているところもあります。腫れがひどい場合や医者からの指示があるときは、患部を冷やしたり薬を用いたりするアフターケアを行ない、患部を清潔に保ちましょう。皮膚に痛みを感じるときは、メイクもできるかぎり少なく済ませ、刺激を抑えるといいかもしれません。クリニックによっては、通勤や通学を控えるような指示があるときもあります。術後はクリニックからの指示に従って、日常生活に早く戻れるようにゆっくりと過ごしてみましょう。

 

 

施術後、きれいになるために必要な時間であるダウンタイム。プチ整形後のアフターケアは、新しい自分になったこれからの生活を快適に過ごすために、重要なことのひとつです。正しい知識を身に着けて、安全にプチ整形を行ないましょう。

手軽にキレイをゲット!
人気のプチ整形メニューを徹底調査in福岡

イメージ画像
人気のプチ整形について、調べました。
福岡にあるクリニックの中から、特におすすめのクリニック情報も載せていますので、チェックしてくださいね。
 
【最新版】福岡でプチ整形が評判の美容外科ランキング